塾の先生のアドバイスで中学受験突破

我が家の息子はのんびりでおっとりしているタイプの男の子です。ですが、自分から2016年に浅野中学に合格したいと理科の勉強を始め、やる気があるようだったので、中学受験用の塾に入塾させることにしました。
塾通いを始めたころは息子も張り切って塾に通っていたのですが、学校でもはきはきとした優等生タイプが集まってくる場所にどうも馴染めなかったようで、次第に落ち込んだりする様子を見せるようになりました。さらに、成績がなかなか上がらず、親子で苦しい思いを感じていました。しかし、それを見ていた塾の先生が息子の様子を気にして、親子で面談をしてくださりました。その面談では的確なアドバイスや親がサポートすべきことなどを教えてくださり、中学受験は親子のチームワークが大事だという事に改めて気づかせていただきました。

これから中学受験をする方に

その後、親子二人三脚で努力を重ねて、晴れて第一志望の中学校に合格することができました。息子は、先生の励ましやアドバイス、そして時には厳しい叱咤激励がなければ、受験には成功できていなかったと言っています。私は親身になって息子のサポートをしてくれた先生に感謝してもしきれません。息子と相性の良い先生だからこそ、このような結果が出たのだと思います。

これから中学受験対策をする方には、ぜひ、進学実績ばかりでなく、教室の雰囲気、中学受験に優れた講師の求人情報や先生の子どもへの接し方もしっかりみてほしいと思います。